江東区の出張写真撮影

江東区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 江東区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは江東区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 撮影

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真

 

≪地域情報≫

 

●江東区の概要
東京都の東部、隅田川と荒川に挟まれた位置にあり、東京湾に面している。江戸時代に埋め立てが始められた地域であり、江戸の東端にあたり、深川地区(旧深川区)には富岡八幡宮をはじめ神社仏閣が数多くある。区内陸部は古くから住宅地および工業地域として、亀戸には鶴亀の亀戸天神社、また錦糸町駅南側は遊興地域として発展してきた(ただし、錦糸町駅およびその南部は首都高速7号小松川線まで墨田区である)。また、区周辺部、特に臨海副都心や南砂地区などは大規模マンションや医療・福祉施設の建設が相次いでいる。豊洲地区や夢の島地区には子供向け施設が充実し、近年はマンション建設が相次ぎ人口が増加しているが、区による少子化に伴った小学校の統廃合が行われた後の人口増加のため、統廃合が行われた小学校では生徒の受け入れが困難な状況である。同様に、保育園も不足する事態に陥り、待機児童が増加している。区内西部(東京市深川区に相当)は関東大震災および東京大空襲などを経て区画整理がされている。23特別区の中で唯一、区歌を制定していない。

 

●区名の由来
「江東」の区名は、隅田川の東に位置するという地理的な意味から、辰巳区、東区、永代区などの候補の中から選ばれた。1947年(昭和22年)2月21日城東区会で、2月25日に深川区会で議決された。江東区の「江」は深川、「東」は城東の意味も含んでいる。しかし、江東の地名はこの時初めて使われたものではない。すでに古くは江戸時代から使用されており、当時の江東という地域は、本所地区または深川地区を指す意味と、広く隅田川の東部を指す意味があった。

 

●江東区の町丁
・深川地区(旧深川区)
青海、有明、石島、海辺、永代、枝川、越中島、扇橋、木場、清澄、佐賀、猿江、塩浜、潮見、東雲、白河、
新大橋、住吉、千石、千田、高橋、辰巳、東陽、常盤、富岡、豊洲、平野、福住、深川、冬木、古石場、
牡丹、三好、毛利、森下、門前仲町

 

・城東地区(旧城東区)
大島、亀戸、北砂、新砂、東砂南砂、新木場、夢の島、若洲